シーズヒーターの一般的な料金相場

ヒーターがほしいけれどすぐに壊れてしまうから、買うのをためらっているという方におすすめなのが現状なシーズヒーターです。金属製のパイプの中に電熱線をコイル状態にして設置し、電熱線が密着しないように絶縁粉末を詰めて密着、密封させたヒーターです。多様な断面と形状に応用できるのが工業製品の特長で、加熱目的にあわせて製造されていますのでちょうどよい温かさを保つことができます。電気ヒーターの中で最も寿命が長く、10年以上利用できることも珍しくありません。遠赤外線なので体の中から温めてくれます。衝撃に強く、水がかかっても割れにくく、本体が30度以上傾くと自動的に電源オフするなど機能性の高さも魅力です。コンパクトなタイプなら軽量で持ち運びしやすく、キッチンや洗面、バスルームやトイレで大活躍してくれます。

シーズヒーターのおすすめポイント

ハロゲンヒーターほど明るすぎず、カーボンヒーターほど壊れやすくないのがシーズヒーターの特徴です。遠赤外線の放出量もカーボンヒーターより多いので温かいのが特徴です。1時間あたり30円程度で機能性はメーカーによって異なります。節約したいならエコモード搭載や温度調整ができるタイプがおすすめです。カーボンヒーターと同じく電気ストーブなのですが、まだ発売されたばかりなので認知度が低めで、よくカーボンヒーターと比較されますが、丈夫で壊れにくいという点、コンパクトで軽量という点が評価されています。細長いスタンドタイプが主流で、正方形の小さめのカーボンヒーターとはデザインが異なるのも特徴です。電源スイッチなどが床面ではなく上部に設置されていることが多く、電気ストーブよりも使いやすいところも特徴です。

シーズヒーターのおすすめ性能とは?

日立、コロナ、アラジン、トヨトミなど各種のメーカーから発売されていますし、ダイキンから業務用レベルの高額製品も発売されています。転倒時に通電をストップする防災予防機能や自動首不利機能、タイマー機能がついており、タイマーを利用していなくても5時間経過すると自動的に電源オフするようになっていてつけっぱなしで外出しても安心など安全性に配慮されています。座っている時とテーブルにいる時とに対応できるよう高さ調節ができるタイプもあります。軽量でおしゃれなカラーも発売されていますからインテリアにこだわる方も満足できます。室温にあわせてモードを調節するエコモードやチャイルドロック機能もあります。マイコン制御による即暖性の高いタイプを選ぶと寒いところから帰宅した時でもすぐに暖かくなりますので便利です。スリムなデザインなら洗面所やトイレにも置きやすくなります。長期的に見てコスパが高いので機能を比較して購入するのがおすすめです。