工業用シーズヒーターとは何なのか

工業用シーズヒーターは、新しい技術で開発された加熱エレメントです。構造としては、ニクロム線をシースと呼ばれる金属製のさやで被っているのが特徴です。また中心部にあるニクロム線は、絶縁粉末を使ってシースパイプから絶縁されており、構造自体は単純ですが、効率良く加熱してくれます。尚、シースパイプはヒーターパイプと呼ばれることもあります。その他、絶縁粉末としてはマグネシアを使用するのが一般的です。さらにニクロム線がむき出しのままでは、溶液に直接ヒーターを差し入れて加熱することができませんが、シースによって絶縁されているため、溶液を直接保温することが可能です。また、基本的な構造は同じでも、被加熱物の違いによって、様々な材質やワット密度のヒーターが存在します。

電気ヒーターの中では寿命が長い

従来のヒーターは、液体用と空気用、そして金属用に分類されます。例えば赤外線による放射加熱は、空気加熱に分類されます。また液体加熱には、溶液に直接ヒーターを入れて加熱する場合と、溶液の上から放射の作用で加熱する方法とがあります。そして、金属容器の外側にから溶液を加熱するのが金属加熱です。一方、発熱体を絶縁物質で覆って保護した工業用シーズヒーターは、他のヒーターより耐久性があるのが特徴です。電気ヒーターの中では寿命が最も長く、特殊な使い方さえしなければ、およそ10年以上使用できます。ただし製造費に関しては、絶縁体で保護していない裸のニクロム線ヒーターの方が安いです。その他、耐振性が強いため、超音波発振器付きの洗浄機に取り付けて使用することも可能です。

暖房器具に使うと低コストで頑丈

電気による加熱方法には、電磁波加熱や誘電加熱、さらに電子レンジなどで使われているマイクロ波加熱などがあります。また誘導加熱は、IHクッキングヒーターなどの電磁調理器で使用されている方法です。さらに電気ストーブにはカーボンヒーターという種類がありますが、このタイプは発熱体に炭素を使っています。一方、シーズヒーターはニクロム線の電気抵抗の力で発熱しますが、赤外線の放出量が多いのが特徴です。そのため暖房器具に使用されることも多く、電気ストーブの中では壊れにくいと評判です。また、例えばハロゲンヒーターは使用すると明くなるため寝室の暖房には不向きですが、ニクロム線はそれほど明るくならないため、寝室用の暖房器具にも適しています。その他、このタイプのヒーターの電気代は、1時間あたり10円から30円と低コストです。

特許取得品多数、他社にはない特徴のあるヒーターです。 電気ヒーターの専門メーカーとして、たえず技術的課題に取り組み、より安全なヒーターを供給致します。 弊社独自の技術。表面積が広く、熱効率の良い平形シーズヒーター「スーパーフラットヒーター」をご覧ください。 茨城県ひたちなか市。常磐線勝田駅より車で約10分です。 「過熱水蒸気実験室」でサンプルテストが可能です。 高品質なシーズヒーターをお探しの方はこちらから